本物の技術・真の技術 害獣・害虫駆除なら株式会社トゥルーテック

害獣・害虫駆除なら株式会社トゥルーテック

  1. HOME
  2.  > 
  3. 害獣・害虫駆除の注意点

害獣・害虫駆除の注意点

害虫駆除というとスズメバチや白アリが有名ですが、
最近はハクビシンやアライグマなど害獣駆除の依頼が増加しています。
アライグマやハクビシンは見た目も可愛いから棲みついても問題ないと放置する人もいますが、
性格は凶暴で、咬みついたり引っかいたりすることもあるので要注意です。
天井に棲みつくことが多く、糞尿によって天井やクロスもシミになって汚れ、ひどくなると溜まった糞尿の臭いが家中に漂うようになるため早めの駆除が肝心です。
自分で追い出すことができるなら何も業者を呼んで退治してもらわなくてもっと思いますが、
ハクビシンやアライグマは「鳥獣保護法」により許可なく駆除することが禁止されています。
そこで、近年被害の多い害獣と害虫駆除の方法や注意点をご紹介します。

ハクビシンは鳥獣保護法で保護されている動物ですので、許可なく駆除すると問題になるでしょう。もし被害に悩んでいる場合は、管轄機関に問い合わせなどを行ってください。

ハクビシンは気づかないうちにいつの間にか居住空間に入り込んでいるものです。少しの隙間でも簡単に入ってしまうハクビシンの侵入防止対策として効果的なものをいくつかご紹介いたします。

ハクビシンを見かけたけれど実被害がまだないからと油断していると、知らない間に重大な健康被害を被っていることも考えられます。見かけたら早めに駆除することをおすすめします。

ハクビシンを早く駆除してほしいという思いから、駆除業者を選ばずに依頼をしてしまう人もいます。しかし中には悪質業者もいるため、見分け方を学んだ上で依頼先を見極める必要があります。

ハクビシンの駆除・捕獲の流れは、まず現地調査を行い、次に屋内のハクビシンを外に追い出すか捕獲をし、最後に侵入経路を経ちます。最も大切なのは、侵入経路をいかにして絶つかという点です。

ハクビシンは雑食性のためなんでも食べますが、好物は果物で実際の被害も最も多くなっています。食害に遭ったら自宅或いは近所の住居にハクビシンが居ついている可能性も疑うべきでしょう。

ハクビシンは都心にも多く出没しています。特に糞尿による被害は大きく、住宅被害や異臭、害虫、衛生面への被害なども報告されています。他にも農作物やペットへの被害事例もあります。

通年で繁殖するハクビシンは、民家の屋根裏などに住み着いて、糞尿を排泄する害獣です。そこで、こちらでは、ハクビシンの繁殖期間や、生態・習性について解説していきましょう。

ハクビシンの習性として夜行性で糖度の高い果物や野菜を好むことが挙げられます。被害への対策や捕獲方法はいろいろありますが、専門家への相談がもっとも確実と言えます。

ハクビシンは駆除が必要な動物です。家庭内でもハクビシンの侵入を防ぐ対策は十分に可能です。家庭内でできる有効的な対策は限られていますが、できるだけ対策を行うことが大切です。

ハクビシンに侵入された時は、住処にならないように追い出すことが大切です。家庭内での処置で出てこない時は害虫駆除専門業者に依頼し、効率よく対処し、再発防止を行いましょう。

ハクビシンは人畜共通の感染症を媒介する動物です。また、SARSの宿主と疑われたこともあります。健康被害を未然に防ぐためにも、見かけた場合は早期に対策する必要があります。

ハクビシンは見た目は可愛らしいですが、害獣と呼ばれています。住宅に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。日本中に存在していて、田舎だけではなく都会においても多数確認されています。